共依存

共依存 (co-dependency) とは、その字のとおり「共に依存しあっている」関係を指します。

ただ、見た目としては、過度に甘え依存する人と、それを支えることが出来る自立した(ように見える)人、という形を取っているのが大半です。

“自立している”と見えているのに、実際は”依存している”という関係性はすぐにはイメージしにくいかと思いますが、そこかしこに溢れている関係性なのです。

  • 共依存にはまっていると生きづらさを感じます。
  • 「自分」というものが分かりません。
  • 被害者意識を持つので怒りを抱えます。
  • お互いに不幸なのに離れることができません。

共依存とは別名「関係中毒」。人との関係性に中毒になっている状態です。
中毒なので無理矢理断とうとすると禁断症状が起こります。

イネイブラーが依存を助長する

共依存という関係性が成立するとき、必ず一方はイネイブラーです。

イネイブラーとは何かというと enable という単語に、人を表す er が付いたもの。enabler。その意味するところは「可能にする人」

では何を可能にするのか、ということについて、まずはお話したいと思います。

共依存、という言葉が出てきたのは1970年代。アルコール依存の夫を支える妻たちの特徴から生まれた概念です。妻たちは夫を改善させようと、あの手この手を尽くします。心を尽くしてお世話をするのです。けれど一向に夫のアルコール依存は解消されません。
実は依存をやめさせようとお世話をすることで、結局のところ依存を助長、その依存の継続を可能にさせているのです。

そうやって「可能にする」ことから、共依存の支え手のことをイネイブラーと呼ぶようになりました。

イネイブラーがいることで、アルコールだけではなく薬物やギャンブルなどの依存全般、家庭内暴力(DV)、摂食障害やひきこもりといった問題が深刻化していくのです。

そして、そういった客観的に見て明らかに問題という形にならなくても、共依存であるがための苦しみを抱えた人は実はとてもありふれています。

ひとまず分かりやすくDVを例にとって共依存というものを見ていきましょう。

共依存は「相手も不幸、自分も不幸」

DVを受けているのに別れられないカップル、というのはドラマや小説などのフィクションでも登場するので想像しやすいかと思います。

別れない理由としては「好きだから」とか、「暴力を振るうとき以外は誰よりも優しい」とか、結婚して子どももいれば「経済的に」とかいろいろあります。ですがこれは外付けの理由です。

暴力を振るう側はどんなに暴力を振るっても傍にいてくれるわけですから、その暴力もどんどんエスカレートしていきます。
すぐ手をあげてしまうという自分の問題は解決することなく、その状態に甘んじていることができるわけです。暴力という形で相手を支配してもいます。

暴力を受ける側はその甘えが分かっていながら傍にいます。「あの人は私がいないとダメ。生きていけない」。そんなことを思います。それは一見、惚れた弱みを引き受け、人を愛する能力を持った自立した人間であるという振る舞いのようですが、そんなことはありません。

あの人は私がいないとダメ?

「あの人は私がいないとダメ」ではなくて、「私はあの人がいないとダメ」なのです。
可哀想な相手を見捨てられない人と見せかけて、何より自分が見捨てられたくないのです。そうやって自分の居場所を作って安心しています。

そしてまた、「あの人は私がいないとダメ。生きていけない」という考えは「私がいるからあの人は生きていられる」という考えに通じていき、生き死にを握ったような支配する快感を得ることが叶います。暴力を受けているので被害者のように見えますが、実は……

下に回っているようで上に立っているのです。

そんな安心と快感を得続けるためには、暴力を振るう者にはずっとそのままでいてもらわないといけません。暴力が止まってしまったら折角得られているものがもう得られなくなってしまう可能性があるからです。

ダメな相手にはずっとダメでいてもらわないとならない。
だから回復する兆しを見せ始めたら引き戻しに掛かったりもします。

暴力を受け続けるのは不幸なことです。そして暴力を振るい続けなくてはならないことも不幸です。
ですから共依存は「相手も不幸、自分も不幸」な関係性なのです。

それなのに、離れるということが出来ません。

共依存の根っこは罪悪感

共依存は誰か「お世話をしないとならない人」を傍に置き、その人の面倒を見るという形で自分の存在意義を見出している状態です。

最初に書いたように共依存はその状態に「中毒」を起こしています。ですから仮にDV相手から逃げ出して平穏な暮らしを取り戻したとしても、いつの間にかまたしても暴力を振るう相手を自ら引き寄せるということも起こります。

薬物中毒者がなかなか薬物を断ち切れないように……。

そんな「中毒」が始まるきっかけは何だったのか? なぜそうまでして「お世話する相手」を求めるのか?

それはお世話したくてもお世話できなかった過去の未完了があるからです。助けたいのに助けてあげられなかった、そんな罪悪感が心の奥底で疼くから、今この時にその罪悪感を払拭しようとしてお世話に勤しむのです。

助けたいのに助けられなかった

では「助けたいのに助けられなかった」過去の人物とは誰なのか、というと、それは「親」です。

子どもは親を愛しています。だから目の前で哀しみ、苦しそうな顔を見せる親がいれば、全力で助けようとします。それが自分のせいではなくとも(実際、子どもが原因ということはほぼありません)子どもは「自分が悪い子だからだ」と思い込みます。

大好きな親を苦しめる自分に×を付け、親を助けることのできない自分に×を付けます。
自分の存在を否定し、自分の無力感に苛まれることになるのです。

それをずっと感じ続けるのが辛いから、親の面倒を必死で見る、という形で気を紛らわせるのです。

この幼い頃の親との関係性は、その子が成長していく過程で出逢う人間関係にもそっくりそのまま映し出されていきます。その子にとって「人の面倒を必死で見る」というのが人間関係の姿なのです。だから「お世話をする相手」を無意識で探し求めています。

叶わないことのために努力し続ける

そして、これが共依存の怖いところですが、お世話を「し続ける」ということがその子にとって何より大事なことになります。

なぜなら、子どもが親を助ける、ということが一生叶わないからです。どんなに成長しても、親より社会的な力を持つようになっても、子どもが親を助けることはできません。親が心の奥底に抱えている苦しみを、子どもが解消してあげることはできません。それは遥か昔の祖先から続く、人類のシステムとして決められたこと。

だから「親を助けられない」という痛みが消えることはありません。その痛みを消すためにしている「誰かをお世話する」ということも、終わりを迎えることがありません。

どんなに「誰か」を助けても、本当は誰よりも助けたかった「親」を助けることにはなりません。
そんな一生叶うことがないことのために、ずっとずっと誰かをお世話し続けないといけないのです。

共依存を克服するには

まず何より大事なのは自分の状態に気付くことです。「あれ、私、もしかしておかしい……?」そう思ったときこそ、解決への一歩を踏み出すときです。

イネイブラーは常に誰かを支えています。それは世間的には問題がなさそうに見えるのですが、本人の心の中では以下のような問題が起きています。

あなたに心当たりはありませんか?

自分が分からない

イネイブラーの特徴は何よりも「自分が分からない」というところにあります。

自分が何が好きで、何が嫌いで、どのように人生を生きたくて、そのために何をしたいのか。
そういったことが分かりません。

それも当然なのです。なぜならイネイブラーは、その支える相手のことばかり考えて自らの行動を決めているのですから。

この人が悲しまないようにするために、私はいま何をすべきか。
この人が喜んでくれるために、私はどの道を進むべきか。

そうやって、誰かを基準にして自分の行動を定めます。自分を基準にしていないから、自分の行動で起こった結果を自分の人生の糧にすることができず、何も積み重なっていきません。人生で経験していくことが次第に「自分」を形作っていくというのが基本なのに、それが無いから、いつまで経っても自分が分からないのです。

自分の感覚というものすらない

そしてそもそも、イネイブラーには自分の感覚がありません。それは機能的に無い、ということではなく、無いことにしているのです。なぜなら、自分の感覚が分かってしまったら他人の基準を最優先にしていくことなどできないから。そして前回書いたように「親を助けられない痛み」を感じてしまったら日々を生きていくことができないから。

そうやって自分の感覚を失っていくのです。

ねばべき思考に陥る

人は他者のことを完全に理解することなどできません。イネイブラーは自分のことすら感じ取れないので、他者のことも慮っているように見えて、実は世間一般の「こうすべき」に従っています。

その「ねばべき」には少なからず建前が含まれているものです。「こうしたほうがいいよね~……でも、そうも言っていられないときもあるよねー……」というのが裏に張り付いていながらも、表立っては「こうすべき」と言っているのが多いもの。

けれど「ねばべき」思考に陥っている人はそれが分かりません。「こうすべき」と言っているからには「そうすべき」であって、そうしないで済ますことなどできません。いわゆる杓子定規で物事を捉えることになります。

これは人との関係性において、ギクシャクとした固さを生むことになります。誰もがある程度の振れ幅を持って行動しているのに、「ねばべき」に囚われていると、その幅がないので余裕がないからです。白か黒かにこだわり、グレーがありません。

常にイライラを抱えている

「ねばべき」に陥っているから、それを守らない人にイライラする……といった側面もありますが、何よりもイネイブラーは人に支配されている状態なので、その窮屈さから怒りを感じるのです。

けれど、それを外に出すこともできません。抵抗したら自分の居場所を失うからです。そのため怒りを内側に溜め込んでいくようになります。

抑え込んだ怒りからは「私はこんなにがんばっているのに……」という言葉が絶えることなく生まれてきます。私はこんなにがんばっているのに、○○が悪い!と誰かを悪者にして、自分は被害者であるという考えが固定していきます。

どんなに心を尽くしても報われることがない。それでもやらずにいられない。イライラを抱えながらも、そんな自分に諦めを感じる人もいるでしょう。

 


困っている人がいたら、何かせずにはいられない。

そんな優しい行動の裏には、不安でいっぱいで、けれど唇を噛み締めて我慢をしている幼い子どもの心が隠れているかもしれません。

その子どもに気づいてあげられるのは、あなたしかいないのです。どうかそのことを忘れないでください。

今こそ、共依存を抜け出すための一歩を踏み出してはみませんか?